project DIVA

project DIVA

北海道は札幌市で数年前に産声を上げた、今や全世界を股に掛け、とどまることを知らない、日本が誇る二次元のアイドル歌手、初音ミク。

この初音ミクを主役とした音楽ゲーム、それがProject DIVAです。

ターゲットとプレイヤーはニコニコ動画やyoutubeなどで初音ミクーーボーカロイドの魅力に取り付かれた人でほぼ間違いないと思います。

そして私もそのひとりです。

このゲームの醍醐味は、なんといっても大好きなボーカロイドの曲を聴きながら、大好きなボーカロイドの映像を見ることが出来、プレイヤーのテクニックに応じて、かなり歯ごたえのある難易度でプレイ出来るという点にあると思います。 

曲ごとに求められるテクニックや指の動きに差があり、好きな曲であればどんなに難しかろうと、好きこそ物の上手なれといった感じで繰り返しプレイ出来てしまうので、自然と上達しますし、プレイのモチベーションが維持しやすいというのも大きな魅力であると感じています。

ただ、面倒なのは、画面とゲームとの間でタイムラグが発生するため、ボタンを押すタイミングというかズレを調整する必要があるのが面倒です。

それだけが問題です。

それと、アナログスティックを使うスクラッチ操作が誤作動が多く、大変です。

全体としては、ボカロ好きにはかなりオススメできますし、普段ゲームをやらない女の子も熱中できるのではないでしょうか。

ゲームセンターでもアーケード版が絶賛稼動中です。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする