やりこみ度の高いガーディアンヒーローズ

やりこみ度の高いガーディアンヒーローズ

20121108_53818

1996年に発売されたセガサターンのゲームソフト、ガーディアンヒーローズはある意味画期的な格闘ゲームでした。

選んだキャラクターと選択肢によって、エンディングとラスボスが変わるマルチエンディングシステムが採用されているため、やりこみ度のあるゲームです。

ストーリーモードは四人いるキャラクターから選んで進んでいきます。

キャラによっては魔法が使えなかったり必殺技が使えなかったりとするため、二人でプレイしたほうが戦略の幅も広がり、ゲームも攻略しやすいのです。

一人用プレイだとコンピューターと組んで進むことになりますが、意思疎通が取れないので二人用プレイをオススメします。

ガーディアンヒーローズの戦闘の特徴はライン移動による戦いです。

三つのラインに敵が存在しており、そのラインを移動しながら敵を倒していきます。

敵の数はかなり多く、ライン移動をうまく使いこなさないとあっさりやられる可能性があります。

また敵を倒すと経験地が得られるため、どの要素にポイントを注いでいくのかというのもゲームを攻略する上で重要な鍵となってきます。

さらに面白いのがカルマというシステムです。

このカルマというのはプレイ中悪いことをするとどんどん溜まっていきます。

エンディングを迎えたときに一定以上のカルマが溜まっていると、ダークエンディングに変化するというものです。

ですがこのカルマはいわゆる隠し要素であるため、どのぐらい溜まっているかはプレイ中には分かりません。

格闘ゲームでありRPGであるといういろんな要素が詰まったオススメのゲームです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする