まさに革新的なゲーム、それがサクラ大戦です。

まさに革新的なゲーム、それがサクラ大戦です。

18be9079

今回私がレビューするセガのゲームは、セガサターンソフト「サクラ大戦」です。

これは当時のサターンの看板とも言える作品で、アニメ化もされました。

ゲーム内容はS・RPGにギャルゲーをくっつけたような内容です。

この組み合わせのゲームは当時多数ありましたが、その中でも群を抜いて出来がよかったのがこのサクラ大戦なのです。

気合の入ったアニメOPに魅力のあるヒロイン、かなり作りこまれているゲーム内容、そしてロボットのロマンである必殺技、この手のゲームに必要な要素はすべて組みこまれていました。

ヒロインもバランスが取れています。

正統派のさくら、お嬢様のすみれ、少女枠のアイリス、クールなマリア、体育会系のカンナ、機械オタクの紅蘭、実にバランスが取れているので、どんな人でも誰かが好みに引っかかります。

よくこれだけのハイレベルなゲームを20世紀に作れたと思います。

そして忘れてはいけないのは主題歌、これはなんというのでしょうか、一度聞いたら忘れない歌です。

ロボットアニメの主題歌のような、そうでもないような、とにかくとてもインパクトのある歌である事は間違いありません。

ヒロインが6人いるので、何回でもやりこめる点もポイントが高いです。

1、2回やったくらいではまだサクラ大戦のなんたるかを理解できません。

4、5回やって初めてわかってくるレベルです。

その後サクラ大戦はシリーズ化されて何作も出ていますが、どの作品が一番だったかと言われればやはり基礎を作った初代だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする