自由なスケーターになれるジェットセットラジオ

自由なスケーターになれるジェットセットラジオ

セガのゲームは説明書など読む必要もなく、それでいてエンターテイメント性をたっぷりと味わえるゲームが多いのですがその中でも私が大好きなゲームの一つが「ジェットセットラジオ」です。

このゲームは元々いわばリアルな表現が3DCGとして主流であった頃、アンチテーゼとして現れた漫画の様な「トゥーンシェーダー」といわれるデザインでつくられているゲーム。

空間的にはリアルだけどもどこかコミカルといった病み付きになるほど魅力的な世界観で自由にスケーターとなってこの世界を走り回る、疾走感がたまりません。

アクションゲームの中ではかなり難しいゲームに相当するのかもしれませんが先に述べた世界観のおかげでほぼまったくストレスが溜まらないゲームになっており、ポップな魅力満載でゲームに埋没して楽しめる様になっています。

自分好みのスピード、ジャンプ力の高さなどにあわせたキャラクターを選んで好きなステージから進んでいく事もできます。

自分の好みのステージを何度も遊ぶ事などもできセガらしくとてもフリーダムな遊び方、楽しみ方ができます。

ステージ中に「スプレー缶」がおいてあり、これをグラフィティアートにして街中にスケートで疾走しながら絵を描いていくのですがそれほどアクションゲームが得意でない私などの様なプレイヤーでもかっこいい決め技を使いながら、しかもシンプルな操作性で疾走していく事ができるためこの魅力がたまりません。

このゲームも発売された当初から相当根強い人気のあるゲームとして有名ですがこれからもこのシリーズは続いていってほしいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする