SFファンタジーの原点ファンタシースター2

SFファンタジーの原点ファンタシースター2

555443

ドラクエやファイナルファンタジーがファミコンなどを中心に全盛であった頃、私が中学生時代に燃えていたのがセガの「メガドライブ」で発売されていた「ファンタシースター2」でした。

当時このゲームはグラフィック、サウンドがファミコンのゲームなどよりもはるかにリアルに感じる程、すばらしいゲームでゲームをあまりやらなくなっていた私もこれには引き込まれました。

しかも、今やって見ても遜色ないせつない程の少しダークな展開のストーリーで、大人になり始めていた年頃の私にとっては忘れられない様なゲーム内容になっています。

バトルシーンもこれまた非常に楽しく、バトルの展開にメリハリがあるのですが敵、味方が攻撃する際にはアニメーションつきと中々豪華。

仲間にできるキャラクターもかなり魅力的で後々になってコミック、小説やドラマCDなどメディアミックスで展開されていった程のものでした。

中でも登場人物の中で魅力的なのが、主人公ユーシスの妹として一緒に旅をする事になるバイオモンスターと人間の細胞を掛け合わせて生まれたネイ。

話の内容がせつなすぎてよくあの頃にこんなストーリーができたな、と今でも思います。

世界観の設定はSF+ファンタジーという感じ。

武器や防具もSF設定の物が多い、というのが面白く、引き込まれました。

今でもオンライン版も出ているなど大変人気のあるこのシリーズ。

ストーリーの始まりからラストまでやり込みがいがあり、しかも救い様がないくらいのせつないストーリーなのでファンタシースターシリーズの原点を味わうなら是非おすすめしたいゲームです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする