大好きな戦場のヴァルキュリア

大好きな戦場のヴァルキュリア

私はセガのゲームが大好きです。

「ナイツ」が初めて私がプレイしたゲームですし、「サクラ大戦シリーズ」は言わずと知れた名作です。

「スペースチャンネル5」は何周もやってアイテムを集めました。

「ジェットセットラジオ」は私にゲームのイメージを変えさせてくれた素晴らしいゲームです。

そしてセガの看板ゲームである「龍が如く」は毎回買っています。

セガのゲームはいつも私をワクワクさせてくれます。

そんな中私が一番好きなゲームは「戦場のヴァルキュリア」です。

プレイステーション3で初めてプレイしたゲームなのですが、ゲーム性の虜になり何周も遊びました。

キャラクターが何十人とでてくるのですが、どのキャラクターも個性があって誰一人として同じような人物がいないので、まるで実際のドラマを観ているようなドラマチックな臨場感があります。

物語は王道なお話で展開が読めてはしまうのですが、熱い展開が続きます。

敵も味方も魅力的な人物が多いので、その魅力がお話を盛り上げています。

作っているスタッフが「サクラ大戦」を作っていたチームの人たちなので、同じような熱い展開は得意なのだと思います。

そしてストーリーと同じくハマってしまうのが、戦場での戦闘の数々です。

戦車や歩兵を使って様々な難関ミッションに主人公達は立ち向かって行きます。

BLITZと呼ばれる戦闘システムで戦場は展開していきますが、伏兵やダイナマイト、歩兵以外にもいろいろな戦術が練る事が出来、歩兵は自分で動かすのでアクション要素もあって面白いです。

続編が携帯ゲーム機で出たり、ブラウザゲームで出ていたりしますが、私は家庭用ゲーム機で是非また戦場のヴァルキュリアの世界を楽しみたいと願っています。

プレイステーション3や4で開発してほしいゲームの一つです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする