ファンタジーゾーンレビュー

ファンタジーゾーンレビュー

シューティングゲームをほとんどやらない私を、シューティングゲームにはめてくれたのが、このファンタジーゾーンでした。

当時のシューティングには珍しく、左右両方のスクロール、そしてお金、買い物の概念を搭載しているこのゲームを、私は最初は好奇心のみでプレイしました。

しかしシューティングに慣れていない私にはとても難しく、なかなか先のステージまで行けませんでした。

難易度は結構高めだと思われますので、初心者の方は一考の必要ありです。

しかし救済措置として使われているのが、ショップです。

敵が落とすお金を拾い集めて、ショップで買い物をして、自機をパワーアップする事が可能です。

自機本体を購入し、一機増やす事も可能です。

またここで購入する武器を使うことによって、ほんの数秒でボスまで辿り着く事も可能です。

それぞれのステージに合った武器を選択する事が攻略の近道となります。

ただ、先述したように難易度は高く、どれだけショップで武器を購入してパワーアップしても、一度やられてしまうと、そのパワーアップは全て無効となります。

ボス戦でやられてしまうと、いくらお金があっても、一部を除いてはショップが現れず、ノーマル状態でボスと戦う事になるので、余程腕がある人ではないと、クリアは難しいでしょう。

私はそれで投げました。

良くも悪くも、プレイする人を選ぶゲームだと思われます。

ただ、愛くるしいキャラ達と、美麗なグラフィック、秀逸なBGMは、一見、一聞の価値有りだと、私は考えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする