428 〜封鎖された渋谷で〜 レビュー

428 〜封鎖された渋谷で〜 レビュー

サウンドノベルシリーズとして、様々なハードで発売されたゲームです。

複数いる主人公を使い分けて選択肢を選んでいくのですが、その中のひとりがとった行動により、他の人の状況が変化するというザッピングシステムを採用しています。

このシステムがとても良く出来ていて、かつ奥深いと感じました。

例えば犯人を主人公Aで逃してしまうと、その犯人は主人公Bの元に来て、ゲームオーバーなんて事もありますので、注意が必要となってきます。

ただその場合は、終盤以外はどうすれば回避出来るかのヒントが出ますので、そのヒントを元に行動すれば、ゲームオーバーにはならないようになっています。

複数いる主人公の、一見関係ないようなそれぞれのストーリーが、終盤になって徐々に収束していく様はまさに圧巻で、ただただため息しか出ませんでした。

本当に緻密な計算の元、ザッピングシステムがよく生かされている、素晴らしいゲームだと、今でも思っています。

クリア後のおまけ要素も多数あり、最後まで飽きさせません。

ただ、終盤になるとヒントがなくなり、難易度が上がるのですが、その難易度がハンパじゃない印象があります。

そんなのわかるわけないじゃないか!とゲームを投げ出しそうになった場面も多々ありました。

もう少しそのあたりの救済措置があれば良かったかと感じます。

しかしそれを踏まえてもなお、このゲームは至高の名作だと、私は断言します。

とにかくひたすら感心させられたゲームでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする