アフターバーナークライマックス アフターバーナーからの進化と残るモノ

アフターバーナークライマックス アフターバーナーからの進化と残るモノ

セガの体感ゲーム機としてアウトランと双璧をなす『アフターバーナー』。

昔のゲームは3D描写能力などなく、平面の物体やキャラクターを回転拡大縮小させることによって立体的な動きを見せていた類ゲーム。

他にもスペースハリアーなどがありましたが、僕はこの手のゲームが好きでゲームセンターでは手が出なったものの家庭用ゲーム機で発売されると、自分で買っていたか、持っている友だちの家に遊びに行ったものです。

家庭用ゲーム機に移植されると大半がグラフィックの質が落ちて性能的にゲーム内容が削られる部分もあったりしますし、なおかつ家庭用ゲーム機のコントローラーでは操作自体が複雑で、操作方法にも無理があったりしました。

それでも家で好きなだけプレイできるのは、貧乏ゲーマーにとってはこれ以上ないくらいありがたいものです。

ゲームとしてはステージが進むと背景のロケーションも変わり、大空を飛んでいる快感を味わえるだけでも満足でした。

ローリングの暴発などの問題点もありますが、僕個人的にはこのゲームは繊細な操作で敵を狙い撃つものではなく、大味で大胆に気持ち良さを楽しむゲームだったのでさほど気になりませんでした。

この時代のセガのゲーム全般に言えることですが、疾走感のあるBGMとゲーム性が見事にマッチして耳に残るのものも多く、それは今でも頭の中に刻み込まれている曲も少なくありません。

そして近年、アフターバーナークライマックスがプレイステーション3のダウンロード専用ゲームとなってよみがえりました。

機体選択やコース分岐など新しい要素も盛り込んであり、アフターバーナーから格段に進化した美麗な景色を飛ぶだけでも価値のあるモノでした。

ただ、ローリングの暴発だけはそのまま残っていたのはご愛嬌。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする