セガサターン専用ソフト『サクラ大戦』のレビュー

セガサターン専用ソフト『サクラ大戦』のレビュー

全てはここから始まった。サクラ大戦シリーズの原点。起の章。

今思えばいろいろ突っ込みどころもありますが…当時は間違いなく最高峰の作品でした。

発売当時は大きな話題になり、セガを代表するソフトの一つとなりました。

目新しいシステムとしてAVGパートにおける「LIPS」が挙げられます。

会話のなかでときどき選択肢が現れ、それによって隊員との信頼度が変化していくのですが、このときに制限時間が設けられており、その選択肢の他に、時間切れで何も答えない、という選択もあるわけで、ときにはそれが正解ということもあります。

それまで時間制限ありの選択って経験したことがなかったので新鮮でしたね。

主題歌やアニメ風な次回予告、クリア後のミニゲームを含むおまけ要素など、本編以外の部分もしっかりと作られており、トータルの完成度がシリーズ初タイトルとは思えぬほど高かったのも印象深かったです。

シナリオには一部疑問に思われる展開がないでもないですが概ね満足出来ましたし、各キャラクターの魅力をあますところなく描かれていまして、その点でも存分に楽しむことが出来ました。

戦闘パートも判り易いですし、難易度が高くて困るということもなく一安心。

セーブ出来るまでの間隔が長すぎたのが不満ですが、全キャラのEDを見るまで繰り返しプレイするぐらいに楽しませてくれた作品です。

このソフトのためにサターン本体を購入したのですが、全く後悔しない出来に大満足でありました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする