セガサターン専用ソフト『ナイツ』のレビュー

セガサターン専用ソフト『ナイツ』のレビュー

ソニックチームがサターンの目玉タイトルとして投入した、ファンタジックな3Dアクションゲーム。

個人的には満点だし、未だに根強い人気を誇る作品だが、おそらく世間的には佳作としての評価止まりだと思います。

ゲームはナイツを解放するまでの3D移動パートと、ナイツに変身してからの2.5D移動とでも言うべきパートに分かれる。

基本的に後者が主体なのだが、フル3Dのゲームなのに移動できる面は限定されているため、実質2Dの移動しかできません。

結果として同じコースを何週もすることになります。

時間制限もけっこう厳しいため、実質としてレースゲームだと言えるでしょう。

ここが理解できるかどうかで評価が極端に分かれると思います。

「自由自在に空が飛べる」という謳い文句から、主観視点のフライトゲームっぽいものを想像していた人はかなり期待を裏切られたことでしょう。

特に、同時期に同じくフル3Dアクションとして自由自在に移動できるNINTENDO64のマリオ64が登場したために、直接比較評価されたことも不幸でした。

また、これはソニックにも共通して言えることなのだが、飛び回る爽快感を味わえるステージが意外と少ないのも厳しいです。

高次ステージではルートが難解だったり仕掛けが多かったりで、テクニカルな操作を要求されることが多い。

馴れればこれも楽しくなるのだが、途中で断念してしまう人も多かったと思われます。

ステージ中にルートを2通り用意して、イージーなコースとテクニカルなコースを選べるようにするとよかったと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする