イルカを操る快感 エコー・ザ・ドルフィン

イルカを操る快感 エコー・ザ・ドルフィン

メガドライブのソフトの中で強烈に印象に残っているゲームが、1993年にメガドライブのカセットで発売された「エコー・ザ・ドルフィン」です。

エコー・ザ・ドルフィンはイルカのエコーが主人公のアクションゲームで、仲間のイルカを連れ去った竜巻の謎を追うという内容です。

確か当時のファミ通のレビューで点数が高く、イルカのアクションゲームというちょっと異色な内容に興味があったので、購入したのを覚えています。

93年はスーファミの回転、拡大、縮小機能を使った似たようなゲームに辟易していて、何か新しい斬新なゲームが遊びたい…という気持ちも強かったです。

まず、海の中の美しいグラフィックにウットリしました。

その時期はどのハードも性能の限界が見えていて、グラフィックに驚くことなんてなかったのですが、エコー・ザ・ドルフィンのグラフィックはとてもインパクトのあるものでした。

そして音楽も美しかったです。アンビエントで、神秘的な音楽に私は引き込まれました。

最も特筆すべきはアクションゲームの命、主人公エコーの操作性で、「快感」といえるレベルの素晴らしいものでした。

滑らかにスイスイ、クルクルとエコーを操作するのは、本当に心地良かったです。

海外のゲーム会社制作ということで、「洋ゲーってすげー!」と意識し始めたのもこれがキッカケだったと思います。

惜しむらくは難易度が異常に高く、中盤以降のステージは全くクリアできなかったことです。

ただ前述のようにエコーを操っているだけでも心地よかったので、仲間たちが竜巻にさらわれる以前のゲーム開始直後でエコーを泳がせているだけでも楽しかったです。

メガドライブで遊んだ貴重な思い出です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする