セガサターン専用ソフト『サイバーボッツ』のレビュー

セガサターン専用ソフト『サイバーボッツ』のレビュー

サイバーボッツは2D格ゲーの王様、カプコン制作によるロボット格ゲーです。

内 容は普通の2D格闘ゲーム…と思いきや、大胆な事に、本作は「コンボ」と呼べるような物が存在しません。

必殺技はもちろん、通常技の一つ一つが隙が大き く、独立した技になっているので、「小→小」みたいな連続技すら組めないのです。

よって、本作は「読み合い」が中心になります。

が、これもキャラがデカい割に、弱い飛び道具なら怯まず進み、高速で飛び回るものですから、「待ち」が成立しないのなんのって。

相手が1動く間に、こっちは2動いてバリバリ攻めろ! と、良い意味でスピーディーな攻防が楽しめます。

あとはロボットものらしく、ビームライフル・パイルバンカー・ドリル・ファンネル・ヒートロッド・変形・火炎放射・果てはシャイニングフィンガーやら質量を持った残像まで、何でもアリ状態です。

ただ、前述した通り、本作はコンボが無いのと、攻防が大雑把なため、熟練者にはすぐ飽きてしまうのが難点。

決して底が浅くはないが、神経を研ぎ澄ますような対戦ができないのも事実。

敷居の低さで、皆でワイワイやるのが丁度良いかもしれません。

巨大ロボによる、スケール違いの壮大な格闘。

ボタン一つで大技が乱発し、巨体が自由に空を舞う。

実は本作は、対戦格闘と言うより、「イーアルカンフー」の様な、対戦アクションの最高峰的存在と言うべきなのかもしれません。

ロボット好きや、格ゲーが苦手な方、そして同社の「超鋼戦記キカイオー」にハマった方は是非。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする