オープンワールドゲームの先駆けとなったシェンムー

オープンワールドゲームの先駆けとなったシェンムー

皆さんはシェンムーと言うゲームを知っていますか?

シェンムーはリアルに作りこまれた街中を自由に歩き回り、さまざまな事をして遊ぶことが出来るゲームです。

このゲームは1と2がありますが、私は1の方が好きです。

1の舞台は日本の横須賀です。

横須賀のリアルで懐かしい街並みは見ていてとても楽しい気分になります。

横須賀にはゲームセンターや駄菓子屋もあります。

ゲームセンターではセガの懐かしいゲームが遊べます。

駄菓子屋の前にはガチャガチャがあり、それを回すと景品が手に入ります。

景品を集めるだけでも楽しくなってしまうゲームです。

私はこのゲームを遊んでいると、まるで街中へ入ってしまったかのような錯覚を感じます。

横須賀に住んでいる人々には様々な行動パターンがあります。

そしてすべての人は自分の生活リズムに沿って動いています。

ですから、それらを観察するだけでも楽しくなりますね。

このゲームは現在では主流になったオープンワールドゲームの先駆けとなった物だと思います。

自分の気持ちのおもむくままに自由に街中を歩けるゲームとしては当時かなり斬新でした。

そして現在、シェンムーのようなゲームが沢山発売されています。

ですからシェンムーは凄いのです。

シェンムーはドリームキャストですが、ゲームの中にセガサターンがあります。

そしてゲームソフトを手に入れると自宅でセガサターンを使ってゲームが出来ます。

内容はゲームセンターの物と一緒ですが、このような仕組みはとても楽しいですね。

細部まで作りこまれているこのゲームは凄いと思いました。

このような凄いゲームを遊べたことをうれしく思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しぇん より:

    シェンムー懐かしいですね
    シェンムーならではの生活観は最高でした
    今も続編信じて待ってます