変身出来るかがカギになる獣王記

変身出来るかがカギになる獣王記

当時ゲームセンターで稼動していたゲームで、オープニング画面の時に大きな目玉がギョロッと動くのが印象的でした。

後にメガドライブに移植され、友達と一緒によく遊びました。

操作は8方向で、パンチとキックとジャンプの3つボタンを使用します。

白い狼のようなキャラクターを倒すとパワーアップアイテムを出すので、それを取るとムキムキマッチョになって攻撃力が増します。

合計3つのパワーアップアイテムを取ると、獣に変身をしてそのステージのボスと戦い、やっつけるとそのステージクリアとなり、次のステージに進みます。

変身する獣の種類は狼、ドラゴン、熊、トラの4種類でそれぞれ独自攻撃方法があって、当時としては斬新なものでした。

狼の攻撃方法は、ストリートファイターでいう所の波動拳とダッシュしながら貫通する蹴りが出せます。

攻撃力が高く、技を足す度に爽快な気分になれました。

ドラゴンは光線と自分の周りに電磁バリアのような物が出ます。

この電磁バリアみたいな物の攻撃力はあまり高くないものの、これを出すとほぼ無敵に近い状態で戦えます。

熊はローリングアタックと口から石化する吐息を出します。

石化する吐息は射程距離は短いですが、攻撃を受けたボス以外の敵キャラは石になってしまい、石になった敵を攻撃すると砕けてしまいます。

トラはウエイブしながら飛んでいく波動拳と上下に移動しながら貫通する蹴りを出せます。

各ステージ毎に、別のキャラクターに変身して攻撃出来るっていうのは目新しかったと思います。

ちなみに最後のステージは狼に変身です。

このゲームは変身出来るとすぐにボスと戦えますが、変身出来ないと先送りにされ、最終的に変身出来ないと、人間の姿のままボスと戦うことになります。

そうなるとまず勝てません、難しすぎます。

なので、いかに早く獣に変身出来るかがカギになるゲームでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする