ドリームキャストの名作「クレイジータクシー」について

ドリームキャストの名作「クレイジータクシー」について

ドリームキャストを買うきっかけになったゲームソフトが「クレイジータクシー」なのです。

当時このゲームのシステムは斬新で、そしてその見た目も私を惹きつけました。

プレイステーションやニンテンドー64が主流だったとこにいきなり出現したドリームキャストはそれまでのゲームとは一線を画す性能でした。

その優れたマシンパワーによる、綺麗なグラフィックを十分に生かしているゲームがこのクレイジータクシーです。

グラフィックは以前の物とは比べ物にならないくらい綺麗になりました。

クレイジータクシーでは山や街中をタクシーが疾走するのですが、かなりリアルに作りこまれているので走っていて楽しかったですね。

クレイジータクシーでは、時間内に乗客を目的地まで送り届ける事を目標として進んでいきます。

もちろん早く乗客を送り届けられればそれだけ制限時間が増えます。

ですから長い時間ゲームをすることが出来るわけですね。

そのルートは道を走るだけではありません。ショートカットをする為には道なき道を突き進む事もあります。

このゲームを極めていく事は、頭の中にゲームの中の世界のマップを描く事になります。

これがまた楽しいですね。

やればやるほど上手くなるので、やりがいがあります。

背景に流れるBGMもかなりかっこよいです。

クレイジータクシーと言う名前にぴったりのサウンドを楽しみながら街中を疾走できるこのゲームは、何年たっても色あせない名作です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする