セガサターンの『ルームメイト』のトラウマ

セガサターンの『ルームメイト』のトラウマ

ss00335_1

個人的にセガサターンのゲームの中で最強に恐怖し絶望したゲームソフトがありました。

それは…「ルームメイト」です!

内蔵時計によるリアルタイムでのゲームでした。

斬新でもあるギャルゲー!?だったので、ズルをせずに正攻法でこのゲームを進めるには、規則正しく朝起きてゲームを立ち上げ、そのヒロインと朝の挨拶⇒ヒロインの通学を見届けて、夕方過ぎには規則正しく家に帰ってヒロインとの夜食後とほんの少しの出来事を見届け、夜のある時間に入浴イベントを確認し、そしてお休み♪

そんな繰り返しの日々を続けるある意味過酷なゲーム性であった分、真剣にやっていた者は徐々に情も芽生え、安易な恋愛ギャルゲーとは一線を画していたのです。

上手くゲームを終えてもまぁ切ない気持ちは残るんだけども、これがバッドエンディングを迎えた時の仕打ちには驚きました!

コミュニケーションが低い(ゲーム判定上)とヒロインが突然家から去ってしまうのです!

まずこれで毎日の日々が崩れ去り心も若干折れます…

しかし更に追い討ちをかけるのです。

ゲーム終了後…「初期化して下さい」の表示が出ます(泣)。

それまでのメモリーを消去してまたイチからはじめなければならないのです。

信じられないでしょう。

やった者なら絶望感と悲しみを味わったはずです。

まさかバッドエンドで「初期化しろ!」と凄いオチの来るゲームがあるなんて想像もしませんでしたから、 私のゲームの思い出の中では今でも衝撃な出来事として、これからもいつまでも記憶に残る事でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする