冒険物語グランディア

冒険物語グランディア

12743366924bf4d5b44149d_import

セガサターンには、プレイステーションのようにファイナルファンタジーやドラゴンクエストのような、王道RPGというゲームがあまり発売されていませんでした。

そんな中で、キラータイトルとして発売されたのが、グランディアです。

このゲームは、主人公の冒険者を目指す少年と、その仲間たちが世界を冒険し、その後世界の命運をかけた戦いをしていくという、いわゆる王道的なRPGゲームです。

分かりやすくてワクワクできるストーリー、魅力あふれるキャラクターたちなど、僕にとって最高のRPGゲームでした。

主人公であるジャスティンは、僕の中で憧れの存在となり、彼のような冒険をしてみたいな、なんて小さいころは思ったものです。

grpsn_top

特に面白かったシステムとして、戦闘シーンがあげられます。

戦闘に位置が関係してきたり、タイミングが重要になったりするシステムは、当時とても画期的でして、飽きずにプレイすることができました。

武器なども多様にあり、主人公は剣や斧やメイス、ヒロインはムチやナイフなど、キャラクターによって様々で、モーションもそれぞれ違うので、武器を変えていくのも楽しみに思えるようなシステムでした。

当時このゲームを購入したあと、あまりに面白くてハマってしまい、毎日学校が終わって帰ってくると、夕飯までの時間ずっと没頭していることがありました。

セガサターンは兄のものだったのですが、当時兄はプレイステーションの別のゲームにハマっていたので、お陰でずっと僕がプレイすることができていました。

久しぶりにやりたくなってきたので、アーカイブスで購入してみようかなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする