知る人ぞ知る名作「クロックワークナイト」

知る人ぞ知る名作「クロックワークナイト」

maxresdefault

セガサターンで僕がハマったゲームはいろいろありますが、中でも強烈な印象が脳にこびりついているのが「クロックワークナイト~ペパルーチョの大冒険~」です。

当時は上・下巻に分かれていることを知らなかったのですが、最近調べてみたら僕がハマっていたのは下巻だったようです。

ヒゲが特徴的でかわいらしいおっさん騎士で、ブリキのネジ式おもちゃという個性の渋滞のような主人公ペパルーチョが、おもちゃ箱や書斎、お風呂場そして時計の中を鍵の剣を片手に駆け巡るかわいらしい世界観の横スクロールアクション。

とはいうもののゲーム内容は全くもってかわいらしくなく、ピエロ的狂気を感じさせる敵キャラクターがわらわら出てくるし、なかなかハイレベルなアクションを要求されるし、当時のゲームらしくセーブ機能はないしで、僕にとっては鬼のような難易度のゲームでした。

それでも、小さな世界を大冒険していくステージがすごく楽しくて、飽きずに何度も何度も挑戦し、やっとのことでクリアーしたのを覚えています。

まあ、といっても難易度はイージーモードでしたが(笑)

あくまで今の視点からの話ですが、ペパルーチョは個人的にキャラクターとして完成度が高かったと思います。

もう少し人気が出てれば、セガを代表するキャラクターブランドになるポテンシャルはあったのではないかと。

もしかしたら、いまのソニックの位置がペパルーチョだったかも……いや、それはないか(笑)

できることなら、もう一度プレイしたい。

そして、できれば上巻をやってみたいな、と思う今日この頃です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする