テディボーイブルース

テディボーイブルース

teddyboy06

私の家には小さいころからテレビゲーム機がありましたが、ファミコンではなく従兄がファミコンを買ったために要らなくなったというセガマークIIIでした。

このゲーム機でおそらく一番やったゲームはカードソフトだった「テディボーイブルース」だと思います。

主人公がミクロ銃を撃って忍者や達磨、獅子舞などと言った敵キャラを小型化してやっつけるというゲームでしたが、カラフルな背景や上下左右スクロール、50面まであるというステージの豊富さなどからマークIIIを持っていた間はずっとやり続けていました。

50面まであるのですが、難易度がどんどん高くなるのと、自機数が6機程度までしか増えないのとで、小学生だった私は結局30面ちょっとくらいまでしかクリアすることができませんでした。

ソフトについていた取扱説明書の最後のページには、プレイ中にある操作をするとキミに有利な3つの選択ができるようになるということが書かれていたのですが、今のようにインターネットで情報を集めることもできず、その辺の書店に攻略本が売られているような有名ゲームではなかったので結局最後までその謎が解けずに機械を手放してしまいました。

今になっていろいろ調べてみたのですが、コンティニューができるのと面が選べるようになるらしいですね。

このゲームの最大の問題点はコンテニューできないことだと思っていたので、コンティニューができればいつかは全面クリアできたかなと思うとちょっと悔しいです。チャンスがあればやってみたいのですが…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. maracasmaster@サンバDEアミーゴ より:

    コマンドは上下右左を何回か続けるはずです。
    ちなみに50面を超えると1面に戻ります。